元気があれば、何でもできるの元ネタはステーキレストランの店長の標語

アントニオ猪木氏の有名な一節「元気があれば、何でもできる」の元ネタは、ステーキレストランの店長の標語という説が有力です。

この記事では「元気があれば、何でもできる」の元ネタと引退記念試合の猪木氏の詩『道』の元ネタについて掘り下げるとともに、プロレスを無料で見る方法についても解説しています。

元気があれば、何でもできるの元ネタ候補は2つ

  1. ステーキレストラン店長の標語
  2. 猪木家に押しかけてきた借金取りの言葉

ステーキレストラン店長の標語

元々はステーキレストラン店長の標語から借用。

引用:Wikiquote

 猪木家に押しかけてきた借金取りの言葉

いつから使いはじめたのか解りませんが、元ネタは知ってます。
猪木は多額の借金を抱えていて、ヤクザが家におしかけていました。
その時のヤクザが「元気ですか~」と言っていたのをパクリました。

引用:Yahoo!知恵袋

猪木の引退記念試合の言葉の元ネタは哲学者の詩

猪木氏の「この道を行けばどうなるものか~」の一節の元ネタは、哲学者の清沢哲夫氏の『道』という詩です。

此の道を行けば どうなるのかと 危ぶむなかれ
危ぶめば 道はなし
ふみ出せば その一足が 道となる その一足が 道である
わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ

引用:危ぶむなかれ 行けば わかるよ

まぎらわしいですが、「元気があれば、何でもできる」とは別の元ネタです。

元気を出すにはプロレスの無料視聴がおすすめ

「元気があれば、何でもできる」と唱えてもどうしても元気が出ないときは、私も利用している動画配信サービスのU-NEXTがイチ押しです。

画質が良く、細かい巻き戻しや早送りもしやすいので快適に視聴できますよ。

しかも、無料トライアル期間が31日間と長く、『全日本プロレス』や『女子プロレスの輪』など見放題作品がたっぷりです。

無料トライアル中でも

  • 600円分のポイントがもらえる
  • 雑誌も無料で読める
  • 解約も無料で簡単にできる

ので、まだ試していないなら、こちらでチェックだけでもしてみると良いですよ。

>>U-NEXTの無料トライアルを見る

まとめ

猪木氏の名言「元気があれば、何でもできる」の元ネタは、ステーキレストランの店長が掲げていた標語という説が有力です。

「元気があれば、何でもできる」と何度つぶやいてもどうしても元気が出ないというときは、U-NEXTをぜひ試してみてくださいね。

本ページの情報は2022年6月時点のものです。

最新の配信状況は、U-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました